本文へ移動

強力型角型間仕切下地材

強力型角型間仕切下地材

高さ5m以上の間仕切を鉄骨補強なしで施工可能な、弊社独自の技術を採用した角型スタッドです。


1.弊社独自のコーナーかしめ製法を採用。

弊社独自のコーナーかしめ製法(特許取得)を採用し、
従来型スタッドに比べ大幅な強度向上を実現。
高さ5mを超える間仕切でも鉄骨補強なしでの施工が可能です。

2.振れ止めによる強度向上。

振れ止め穴のトビラ部分、またはストッパーL金具が振れ止めチャンネルを完全に固定し、地震やその他の振動による浮き上がりを防ぎます。
これにより各スタッドが振れ止めによってしっかりと連結され、面外・面内の力に対して強く強固な間仕切下地となります。

3.コストパフォーマンスへの還元。

ねじれにも強いコーナーかしめ製法により、ボード貼りの際にも段差が生じません。
さらに一般的なC形断面スタッドに比べ施工時間が約20%短縮でき、施工性の高さでトータルメリットに貢献します。
※板厚1.2㎜の製品に使用
振れ止め穴の形状




新角型構造用形鋼(強力型)
LGB-30NF型
(写真)
KH-25・30NF型(t=0.6)
SKH-25・30NF型(t=0.8)
LGB-30NF型(t=1.0)
SLGB-45NF型
(写真)
KH-40~50NF型(t=0.6)
SKH-40~50NF型(t=0.8)
LGB-40~50NF型(t=1.0)
SLGB-40~50NF型(t=1.2)
LGB-100NF型
(写真)
KH-65~100NF型(t=0.6)
SKH-65~100NF型(t=0.8)
LGB-65~100NF型(t=1.0)
SLGB-100NFB型
(写真)
SLGB-65~100NFB型(t=1.2)
構成部材


板厚・記号/
サイズ・振れ止め穴間隔
0.6
KH
0.8
SKH
1.0
LGB
1.2
SLGB
振れ止め
ランナ
25形
25×45
@1200

専用振れ止め
CM-12
(12x10x1.0x2000)

強力型ランナ
WR-25
(27x30x40x0.8x4000)
WR-30
(32x30x40x0.8x4000)
30形
30×45
@1200
40形
40×45
@1200

JIS振れ止め
WB-19
(19x10x1.2x4000)

強力型ランナ
WR-40
(42x30x40x0.8x4000)
WR-45
(47x30x40x0.8x4000)
45形
45×45
@1200
50形
50×45
@1200

JISランナ
WR-50(52x40x0.8x4000)
WR-65(67x40x0.8x4000)
WR-75(77x40x0.8x4000)
WR-90(92x40x0.8x4000)
65形
65×45
@1200

JIS振れ止め
CC-19
(38x12x1.2x4000・5000)
CC-25
(38x12x1.6x4000・5000)
75形
75×45
@1200
90形
90×45
@1200
100形
100×45
@1200

JISランナ
WR-100(102x40x0.8x4000)

強力型ランナ
SWR-10010(102x40x1.0x4000)
SWR-10012(103x40x1.2x4000)
SWR-10016(104x50x1.6x4000)
○印:製造可能です。長さ・数量・納期につきましては、事前にご相談ください。寸法カット対応も承ります。
   SLGB65~100NFBのみ、振れ止め固定金具(ストッパーL)が必要です。
100型のJIS A 6517の規定に基づいた試験データもございます。
必要に応じて、間仕切の強度計算を作成いたします。
カタログ


試験報告書


標準施工要領書


TOPへ戻る