取扱商品product

天井下地材

耐震スマート天井=耐震歩行軽量吊天井システム

  1. 耐震スマート天井(ふところ3m) 7.4㎏/㎡
    鉄骨ぶどう棚 15~20kg/㎡
    ふところ最長6mまで = 耐震スマート天井5m+在来天井下地1m
耐震スマート天井=耐震歩行軽量吊天井システム

カタログダウンロード

構成部材

構成部材の名称 記号 規格・寸法 基準間隔 備考
吊ボルト 吊元 H鋼吊金具(小)   1/2’(4分) 1800×3000  
1/2’ (4分)インサート
又は あと施工アンカー
ブレース材 上端部 H鋼吊金具(大) SLGB-45 □45×45×1.2   ブレース材の耐力計算を行い、ゾーニングにより均等に配置する。弊社推奨のインサート及びあと施工アンカーをご使用下さい。
M16インサート
又は あと施工アンカー
鉛直補強部材 上端部 H鋼吊金具(大) SLGB-45 □45×45×1.2   ブレース材に近接配置する。弊社推奨の
インサート及びあと施工アンカーをご使用下さい。
1/2’ (4分)インサート
又は あと施工アンカー
水平補強部材 SLGB-45 □45×45×1.2   2段ブレース仕様の時に設置。
X方向角形鋼 SLGB-100SL □100×45×1.2 3000  
Y方向角形鋼 SLGB-100SL □100×45×1.2 900  
X方向ブレース材・鉛直補強部材取付用角形鋼 SLGB-65SL □65×45×1.2    部屋の端から端まで配置する。
SLGB-100SL □100×45×1.2  
Y方向ブレース材・鉛直補強部材取付用角形鋼 SLGB-100SL □100×45×1.2  
野縁 H-25FL □25×45×0.5 @227.5 ・ @303 直天井仕様
@364  ・ @455
1段ブレースのふところ ・ クリアランス h ≦ 3.5m  
2段ブレースのふところ・ クリアランス 3.5m < h ≦ 5m  
在来天井下地のふところ・ クリアランス h ≦ 1m  
直天井仕様の開口補強 3m以内×3m以内の場合、スマート天井カタログ16ページの別紙図のようにタンゴを使用して補強する。
但し、X方向角形鋼は切断しないように配置する。
又、X・Y方向ブレース材・鉛直補強部材取付用角形鋼も切断しないように配置する。
Y方向の長さが3mを超える場合は、開口廻りの補強角形鋼の出隅付近を100BOXハンガー4ヵ所で吊る。

特長

  1. ①鉄骨ぶどう棚に代わる最大ふところ6m(耐震スマート天井ふところ5m+在来天井下地ふところ1m)まで対応可能な
    耐震歩行軽量吊天井システム
  2. ②ブレース材は圧縮力に強いコーナーかしめ角形鋼を使うのでブレース材の数量を減らすことができる
  3. ③水平震度2.2の特定天井に対応可
  4. ④接合部はボルト接合またはねじ接合のため現場での溶接不要
  5. ⑤内装仕上工事業者が、耐火間仕切壁工事→耐火スマート天井工事→天井下地工事と納まりを考慮して工程管理をしながら一貫して
    スムーズに施工できる

商品発売に向けて開発・実験を重ね、2015年8月28日建材試験センターで公開実験をしました。その時の資料です。
また、試験結果に基づく試験報告と論文が建材試験情報(一般財団法人 建材試験センター発行 建材試験情報2016年3月より)に掲載されております。

試験の様子


経済調査会2017年度版
建築資材工法年間に掲載


耐震スマート天井
実物件建物における微動計測


直天井仕様(カタログP8〜P9図面参照下さい)


直天井仕様(カタログP8〜P9図面参照下さい)