取扱商品product

コーナーかしめ角形鋼の種類と特長

特長

①コーナーでかしめていること

・上下・左右から強い圧力がかかってもかしめが外れない。ハンマーでたたいても外れません。
・センターでかしめたものよりねじれにくい
・すべての面に穴加工ができる。センターかしめだと穴加工のところでかしめが切れるため局部的に弱くなる。

②溶融亜鉛めっき鋼板よりも防錆効果の優れた高耐食性めっき鋼板でも成形可能

③閉断面であること

・新角型構造用形鋼(板厚0.6~1.2)は、コ型断面等の開断面の形鋼に比べ、閉断面なので、
強度や加工精度に優れ、薄肉、軽量化が可能である。

コーナーかしめ角形鋼の種類

板厚・記号 サイズ 0.45
H
0.5
H
0.6
KH
0.8
SKH
1.0
LGB
1.2
SLGB
長さ(L)
25型 □25×45 × × 2~12m
30型 □30×45 × 2~12m
40型 □40×45 2~12m
45型 □45×45 2~12m
50型 □50×45 2~12m
65型 □65×45 2~12m
75型 □75×45 2~12m
90型 □90×45 2~12m
100型 □100×45 2~12m

・・・新角型構造用形鋼

※○印は通常生産可能 △印は受注生産 ×印は生産不可 寸法カット対応承ります